0854126

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
みんなの「フェリー・船・船旅・思い出・港」画像掲示板

おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (500kBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 「カジュアルクルーズさんふらわあ」のサイト 投稿者:節税大王  引用する 
南北両方の情報が入ったWebマガジン風。

にもかかわらず、何故か商船三井本体のサイトだけにUP。
商船三井フェリーからもフェリーさんふらわあからも入れません!


https://www.mol.co.jp/casualcruise-sunflower/

2018/04/17(Tue) 10:07:05 [ No.29111 ]
◇ Re: 「カジュアルクルーズさんふらわあ」のサイト 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
結構、金を掛けて、どこかの業者に作成して貰ったのでしょうけれど、独自ドメインも取得しないというのは、ちょっと理解できないですね(苦笑)。

要するに「SEO対策」でもあるわけですが、折角、こんなに立派なウェブサイトを作るのならば、URLだって、例えば「casualcruisesunflower.com」みたいなものにでもしないと、検索に引っかからないでしょうし、何よりも信用を得られないでしょう……というようなことが分かっていない、というような人は、インターネット黎明期の20年前ならばともかく、今や少なくなったかと思うのですがね。広報担当者ならば、よく分かっているハズですが。

予算の問題でしょうか?(笑)

2018/04/17(Tue) 17:35:02 [ No.29112 ]
◇ Re: 「カジュアルクルーズさんふらわあ」のサイト 投稿者:節税大王  引用する 
商船三井の広報も、上の方から「トラブル続きのさんふらわあ、ウチのホームページにもサイト作ってあげなさい」とか言われて、シブシブくっつけた。

要するに「さんふらわあなんてゴミ、どうでもいい」って訳でしょうか(苦笑)

2018/04/18(Wed) 09:25:45 [ No.29113 ]

◆ MSC Armonia、こちらもにわかに信じ難い(苦笑) 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
ホンジュラスのロアタン港で、2018年4月10日(火曜日)、クルーズ船のMSC Armoniaが、こんな事故を起こしました。

https://www.youtube.com/watch?v=vQzs_bzHuAY
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=8cCAKVGLPsM

水先案内人が悪いのか、船長が悪いのか。いずれにしても船長の責任でしょうが、ちょっと考えられないような事故です。

クルーズ船が急速に増えて、満足に巨大なクルーズ船を操船できない船員が激増しているのでしょうかねぇ(苦笑)。もしそうならば、この種の事故は続発しそうな予感もします。

2018/04/12(Thu) 16:29:36 [ No.29109 ]
◇ Re: MSC Armonia、こちらもにわかに信じ難い(苦笑) 投稿者:節税大王  引用する 
YouTube拝見。
あの大きな船がズルズルと走錨。アンカー、役に立たないですね(悲)

最近、一般的な車のドライビングテクニックがどんどん下手になっています。スキルダウンも甚だしい。
同様に船の世界でも、乱暴な操船がなくなった代わりに、スキルがダウン。
第7艦隊なんてステルスフリゲート2隻も壊すし(苦笑)

これみんな、自動化のなせる業!という気がしてならないのです。
自動化されて微妙なテクニックや、ワッチもいい加減になっている?
クルマもAT化を皮切りに、クルーズコントロール、そして車間の維持もクルマまかせ。

スキルが下がって当然ですね。

2018/04/15(Sun) 17:15:41 [ No.29110 ]

◆ 2018年7月15日(日)に新門司発も13:30出港 投稿者:つくし  引用する 
阪九フェリーで就航50周年記念で新門司発→神戸行も13:30出港し「いずみ」が配船され途中「ひびき」「いずみ」の反航のイベントもあるそうです。
楽しみですね

2018/04/11(Wed) 12:06:54 [ No.29108 ]

◆ NCL、にわかに信じ難い(*_*) 投稿者:節税大王  引用する 
本当に起こったなら、ざけんな!!です。

http://news.livedoor.com/article/detail/14550244/

3月16日のマイアミ発ロサンゼルス行きの「ノルウェージャン・サン」。

カリブクルーズからアラスカクルーズへの移動クルーズのようですが、船内改装工事中のまま、出港したようで。


2018/04/10(Tue) 08:50:08 [ No.29105 ]
◇ Re: NCL、にわかに信じ難い(*_*) 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
https://www.ctvnews.ca/canada/cruise-passengers-angry-about-ship- ..... -1.3869111
この話題ですが、SNSのLinkedInでシェアしたところ、クルーズ船関係者の関心を異常なまでに呼んで、大論争(みたい?)になっているところです(苦笑)。

業界人の反応をざっと紹介すると、「乗客は返金を求めてクルーズを只にして欲しかったんじゃないの」というものから、「こうした工事はよくあることだ」というものが初期の投稿。その後、「改装工事は入渠してやるべきだ」「安全性という点でも問題がある」といった方向に、論争は発展していきました。

新船建造で工事が遅れて、処女航海の際にもまだ工事が続いていたというのは、ままあることですが、今回の事件は違うのですよね。クルーズ中に本格的な改装工事を始めてしまい、乗客の下船後に、入渠の上、更に工事を進めるということだったようです。

ハッキリ言って、「客をバカにしている」としか言いようがないと思いますね。

2018/04/10(Tue) 10:04:09 [ No.29106 ]
◇ Re: NCL、にわかに信じ難い(*_*) 投稿者:節税大王  引用する 
定期航路なら、まあ仕方ない部分もあるでしょう。
でもこれはクルーズ。乗船すること自体を楽しむのですから、NCLの背信行為と言えるでしょうね。
我々ヲタは、常に乗ること自体を楽しむのですが(笑)

しかもボートデッキまで立ち入り禁止!
本船では退避訓練はしないのかなぁ(苦笑)

2018/04/10(Tue) 22:11:01 [ No.29107 ]

◆ 出版事業廃止のお知らせ 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
平成30年4月2日
株式会社日刊海事通信社

拝啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、弊社は、昭和24年2月に海運・造船業界の専門出版社として創設し、日刊紙である「日刊海事通信」を創刊いたしました。その後、「海運・造船会社要覧」「フェリー・旅客船ガイド」「海の情報誌Marine」「新造船工事予定表」の定期刊行物も創刊、また、「日刊海事通信電子版」「海事メール」の配信も開始し、長年にわたって多くの海運・造船業界のお客様にご購読いただいて参りました。

しかし、本年1月、長年出版を手がけてきた代表者が逝去いたしました。

その後、残った社員で事業の継続を模索して参りましたが、残念ながら、これ以上の継続は困難と判断し、本年3月30日をもって全ての出版物を廃刊し、出版事業を廃止することとなりました。

弊社の出版物にご期待いただいていた皆様には、ご迷惑をおかけする結果となり、大変心苦しいのですが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

皆様には、長い間、ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

厚くお礼申し上げます。

http://www.kaijitsushin.jp/

2018/04/05(Thu) 21:04:51 [ No.29102 ]
◇ Re: 出版事業廃止のお知らせ 投稿者:節税大王  引用する 
うひゃ、ウチのオフィスの1つ下の階に入居されていて、一昨日も顔見知りの社員の人にあったけどなあ...。

実に残念です。

2018/04/05(Thu) 22:23:46 [ No.29103 ]

◆ 「よこすか」及び「しんかい6500」の一般公開 投稿者:節税大王  引用する 
4/11〜13に開催の「Sea Japan 2018」。
その3日目、13日に「よこすか」及び「しんかい6500」の一般公開があるそうです。

私は11日に行く予定でセミナー等も予約済み。残念!


2018/04/05(Thu) 10:56:33 [ No.29100 ]

◆ 阪九フェリーの新造船 投稿者:節税大王  引用する 
国交省の平成30年度「内航船の総合的な運航効率化措置実証事業」を見ていたら、阪九フェリーの「新門司〜神戸航路に就航する新造フェリーによる省エネ実証事業」が採択されていました。

神戸航路のやまと、つくしの代替船でしょうね。
確か2003年就航ですから、早いもので今年で15年。

つい先日「Grand Spring売却」で取り上げた、らいらっく、ゆうかり姉妹と同船齢ですね。

http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji07_hh_000100.html


2018/04/02(Mon) 19:04:54 [ No.29095 ]
◇ Re: 阪九フェリーの新造船 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
やまと、つくし、らいらっく、ゆうかりも、まだ新船だという感覚が私にはありますが(苦笑)、15年も経てば、代替を考えないといけないですね。

確かに、仮に自分が現在20歳だとして考えると、15年前って、5歳ですからね。大昔になりますね(笑)。

では、そろそろ30年になる「にっぽん丸」や「飛鳥II」は、どうなんだ?ということにもなります(生まれる前の船ということになる。笑)。

省エネ実証事業って、具体的には何をするのでしょうか。LNG化?それとも電動化?それとも……。

2018/04/02(Mon) 20:45:55 [ No.29096 ]
◇ Re: 阪九フェリーの新造船 投稿者:節税大王  引用する 
T.I.さん

確かにこの4隻、MHIの省エネ船として、また豪華な内装を売り物に、この間デビューしたような気がします(笑)

つい先日、つくしに乗りましたが、内外装には全くおとろえがありません。
ということは、15年の間に省エネ技術がいかに進化したか、また内航船員不足を補うべき合理化設備がどれほど進んだか。
これが早目の代替船計画を後押ししているのでしょう。

差し当たり、LNGとも電動とも聞こえてきませんから、在来型ディーゼルをいかに進化させ、抵抗の少ない船型を採用するか、程度かと思いますが...。


2018/04/03(Tue) 13:49:15 [ No.29097 ]
◇ Re: 阪九フェリーの新造船 投稿者:節税大王  引用する 
> そろそろ30年になる「にっぽん丸」や「飛鳥II」は、どうなんだ?

外国(といってもほぼ韓国(笑))寄港でカボタージュを避ける大衆化クルーズ。
ここから興味を持ってフライ&クルーズ。
はたまたガンツウや両備の超豪華小型内航クルーズ船。

結局この「三極分化」でフェードアウトしそうな気がしますが(苦笑)

逆に一層豪華なフェリーによるクルーズフェリー化が進むなら、それはそれで楽しみですね(希望的観測(笑))


2018/04/03(Tue) 14:01:42 [ No.29098 ]

◆ セブンアイランド友 大島岡田港発 投稿者:BARCA  引用する 
セブンアイランド友 大島岡田港発

2018/04/01(Sun) 22:25:59 [ No.29093 ]

◆ 第三東洋丸 投稿者:elf  引用する 
こんにちは、今朝入港してたので久しぶりに投稿します。
内海製ですがデザインは警固屋製の方が好きです。


2018/04/01(Sun) 15:08:42 [ No.29092 ]

◆ 7月15日(日)神戸→新門司:昼便 投稿者:つくし  引用する 
阪九フェリーが久しぶりに昼便を実施するそうです。
ビーナストラベルにて募集されています。
値段もお安く手軽です。

2018/04/01(Sun) 12:40:47 [ No.29091 ]
◇ Re: 7月15日(日)神戸→新門司:昼便 投稿者:節税大王  引用する 
当日は配船変更になります。

泉大津→新門司につくし。
そしてデイクルーズの神戸→新門司がひびき。

なのでデイクルーズツアーとしてではなく、一般乗船も可能なようです。

2018/04/05(Thu) 16:30:29 [ No.29101 ]

◆ 飛鳥III建造は遠のく 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
2018年3月29日に、日本郵船は「新中期経営計画 “Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”」を発表しました。
http://www.nyk.com/profile/plan/

2018年3月29日付けの日本経済新聞によると、「投資総額は現行の中計の7900億円から大幅に抑えた。内藤社長は「(米政権による保護主義的な貿易政策など)先を見通しづらい経済環境が続くなか、投資は慎重に行いたい」と説明した。」とのこと。

かくして「飛鳥III」は、諦めましょう(苦笑)。

2018/03/30(Fri) 15:18:19 [ No.29088 ]
◇ 第二次・日本客船事業再構築  投稿者:ソフトブンクグループ  引用する 
事業再生のためコンテナ船事業同様に「にっぽん丸」もそうですが本体から分離独立させ外部資本注入するか、事業売却し客船専業会社を立ち上げて新船建造して欲しいものです。

経済合理性からもう郵船・商船三井とも当分足手まといになる儲からないノンコア事業に人・物・金を入れる余裕はなさそうですね
その点では新日本海フェリーGは上手くやっていますね。 

2018/03/31(Sat) 09:48:18 [ No.29089 ]
◇ Re: 第二次・日本客船事業再構築  投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
将来的にあり得ることとしては、経営が立ち行かなくなった日本のクルーズ客船会社を、CarnivalやRoyal Caribbean、あるいはGenting Hong Kong辺りが買収して、日本市場向けのサービスを提供するということでしょうかね。

英国のCunardやP&O、イタリアのCosta、オランダのHolland Americaのように、ブランドだけの存在になるのかもしれません(これらは全部、アメリカ企業みたいなものですが。苦笑)。

2018/03/31(Sat) 18:01:13 [ No.29090 ]

◆ Grand Spring売却? 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
かって太平洋フェリーが運航していた「いしかり」は、中国のGrand Shipping Lineという会社が「Grand Spring」という船名で所有・運航してきましたが、ギリシャのAnek Linesが買ったという噂があります。これは本当なんですかね?ご存知の方、いらっしゃいますか?

不確かな情報ですが、一応、報告しておきます。
http://www.zhongdahangyun.com/

2018/03/26(Mon) 04:46:45 [ No.29082 ]
◇ Re: Grand Spring売却? 投稿者:  引用する 
中国サイドは、3年前から早く売却したがっていました。
中国ー韓国航路には使用できない船齢だったので。
あるところが購入し日韓航路投入の噂もありましたが、期日までに振り込みもなしで、かなり怒っていました。

2018/03/26(Mon) 12:27:28 [ No.29083 ]
◇ Re: Grand Spring売却? 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
ギリシャの友人に問い合わせたところ、このGrand Spring、つまり旧「いしかり」がギリシャに売却されたことは、事実のようです。

またAnek Linesでは、2隻目の船として、NEW GOLDEN BRIDGE V(旧「れいんぼうらぶ」)を購入するという噂話もあるとか。

一方、今年代替される四国開発フェリー(オレンジ・フェリー)の2隻の船は、Attica Groupが購入するようで、更に新日本海フェリーの「らいらっく」「ゆうかり」も購入する話があるようです(新日本海フェリーは減船?それとも代船建造?)。

2018/03/26(Mon) 16:24:50 [ No.29084 ]
◇ Re: Grand Spring売却? 投稿者:  引用する 
中韓航路も利用者、貨物減と船齢20年ルール(中国発令)で、若い中古船が日本から入らなくなりつつあるので、航路の統廃合が進むかもですね。
日本での今までより長い期間運用と20年以降の貨客船の運航を許可しませんので。

2018/03/26(Mon) 18:20:35 [ No.29085 ]
◇ Re: Grand Spring売却? 投稿者:節税大王  引用する 
> 「らいらっく」「ゆうかり」も購入する話があるようです

早いものでらいらっくが就航してもう16年!
ゆうかりでも15年です。
これからオーダーして順調に完成しても、新造船の就航は2020年頃。
特に新日本海は早めに入れ換えますから、代替時期的にはおかしくないですね。

2018/03/27(Tue) 00:18:00 [ No.29087 ]
◇ Re: Grand Spring売却? 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
「いしかり」は「ASTERION II」に改名され、Anek Linesの下で運航するようです。4月下旬に、ギリシャに到着する見込み。

なお「ASTERION II」は仮の船名で、更に改名するようです。

2018/04/07(Sat) 13:14:57 [ No.29104 ]

◆ クルーズ産業バブル崩壊、遂に始まる 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
ちょっとセンセーショナルなタイトルを付けてみました(笑)。しかし笑ってはいられない話題です。

「SkySea Cruise Line」が、2018年3月19日に解散することを発表しました。この会社は、世界第2位のクルーズ客船会社であるRoyal Caribbeanと、中国の大手オンライン旅行代理店であるCtripが、2014年に立ち上げた合弁事業で、「SkySea Golden Era」という船を使ってきましたが、TUI AGのMarella Cruisesに売却されることになりました。因みにTUI AGは、Royal Caribbeanと資本関係のある企業です。
http://www.skysea.com/

中国での報道によると、THAAD(=終末段階高高度地域防衛システム)ミサイルをアメリカが韓国に配備したことに対して、中国が韓国への団体旅行の販売を禁止したことが、中国のクルーズ業界に深刻な影響を与えているようで、これまでは空前の発展をしてきた中国でのクルーズ事業に急ブレーキがかかったようです。集客難から、この合弁事業を解散することにしたとのことです。
https://jingtravel.com/skysea-joint-venture-over-with-decline-of- ..... se-sector/

そして3月22日には、アメリカのトランプ大統領が中国製品に制裁関税をかけると発表し、翌23日には中国の他、日本に対しても、鉄鋼・アルミニウム製品への輸入制限措置を発動しましたね。「貿易戦争」開戦です。

これによって、中国、日本の他、世界中の株価は下落(まだ「暴落」ではないようですが)。中国経済が打撃を受けることは必至で、更なる集客難を招くことになるでしょう。ひょっとすると、アメリカ企業であるクルーズ客船会社に対して、中国政府が何らかの制裁措置を取ることも考えられます。

そして何と言っても、北朝鮮危機です。国家安全保障補佐官に先制攻撃論を主張する人物が就いたことから、一気に第二次朝鮮戦争が始まる可能性も出てきました。

こうなると、中国頼みのクルーズ需要の増加は期待できないことになる。需要増加を当て込んだクルーズ船の建造ラッシュは、目論見が外れることが明白になった、と言っても良さそうです。

常石造船のクルーズ事業進出には、赤信号が灯ったかもしれない。三菱造船(旧、三菱重工)がクルーズ船建造から撤退したのは、正しい判断だったと言えるのかもしれない。

一方、ヨーロッパのヤードでは、クルーズ船建造中止が相次ぐのかもしれず、既に竣工したバカでかいクルーズ船の船腹過剰は深刻なことにもなりそうです。

2018/03/24(Sat) 13:30:15 [ No.29078 ]
◇ Re: クルーズ産業バブル崩壊、遂に始まる 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
SkySea Cruise Lineのウェブサイトは、ついさっきまで閲覧できましたが、本日(3月24日)の午後を以て削除されたようです(「Error 404」になってしまった)。

2018/03/24(Sat) 14:28:14 [ No.29079 ]
◇ Re: クルーズ産業バブル崩壊、遂に始まる 投稿者:節税大王  引用する 
T.I.さんが以前からおっしゃっていた通りの展開になりそうです。
その慧眼には全く恐れ入ります m(__)m

米系船社の中国人対象クルーズは、恐らく激減(=ほぼほぼ壊滅)することでしょうね。

それはともかく、我が国で問題になりそうなのは、今頃になって急激に進んでいる大型客船向けのバース、ターミナルの整備です。

15万ー20万トン級を想定した客船設備が、雨後のタケノコのごとく各地の主だった港に整備中。
日本の悪いクセ(農耕民族的!)で、需要想定もヘッタクレもなく、CIQなんて無関係に「ハコモノ」だけが造られています。

船の来ない客船ターミナル。
これからいっぱいできそうですね (-"-;)

2018/03/24(Sat) 20:43:31 [ No.29080 ]
◇ Re: クルーズ産業バブル崩壊、遂に始まる 投稿者:orange 8  引用する 
こんばんは。今年になってからコスタの船の入港も減った博多港、時期を同じくテレビCMで一泊一万円〜を目にしてバブル崩壊の兆しのような感じがしていました。
入港を待つ貸切りバスも爆買い絶頂期の1/3程度あるいはもっと少く感じます。
その分西鉄バスの便数は増えて、満員の連結バスなど目にする機会も増えて、今日はクルーズが来ている判断になったりします。
須崎埠頭側の一角から博多港発着の旅客船の出船入船とクルーズ船を絡めて楽しむ機会も減りそうです。
バブル崩壊とは関係ないのでしょうが、未来高速KOBEEの博多港入港も今年に入り目にしていません。これはこれでため息の出るような日韓関係なんでしょう。

2018/03/25(Sun) 22:00:59 [ No.29081 ]
◇ Re: クルーズ産業バブル崩壊、遂に始まる 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
Carnival Corp.は、今後5年間に、20隻(!)もクルーズ船を建造していて、ここのブランドの1つであるCosta Cruisesは、「Costa Venezia」という中国市場向けの133,500gtの船を建造中です。2019年3月就航予定で、姉妹船も、中国市場向けで2020年に就航することになっている(いずれも乗客4000人乗り)。

一方、世界第2位のRoyal Caribbeanは「Symphony of the Seas」という世界最大のクルーズ船を、この3月31日に就航させることにしている。悪い予感がしています(苦笑)。

他にも、各社はクルーズ船の建造を予定し、あるいは新規参入するところもある。いずれも思惑通りにはいかないのではないですかねぇ。

それなのに、日本の港湾では、2020年の東京五輪を睨んでクルーズ港の開発を着々と進めている。30年前の土地バブルの時代に、日本各地に作られたテーマ・パークやゴルフ場みたいなことになりませんかねぇ。

積極的に投資するのが正解なのか。それとも消極的になるのが正解なのか。どちらの判断が、結果的には正しいことになるのでしょうか。

2018/03/26(Mon) 23:37:39 [ No.29086 ]
◇ Re: クルーズ産業バブル崩壊、遂に始まる 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
なお、Golden Eraの最後の航海は、2018年8月29日上海発、福岡(博多)行きで、9月2日に上海に戻るクルーズとなるようです。

2018/04/02(Mon) 00:49:55 [ No.29094 ]

◆ しばらく休刊 投稿者:ぜんまん  引用する 
日本旅客船協会発行の機関誌「旅客船」が平成30年3月発行の第281号をもってしばらく休刊と相成りました。西口公章氏の寄稿を毎号楽しみにしていたのに残念です。

2018/03/21(Wed) 19:57:37 [ No.29068 ]
◇ Re: しばらく休刊 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
日本海事広報協会の「ラメール」が休刊したのも、2017年の今頃でしたね。

復活の可能性のある「休刊」と、復活の可能性のない「廃刊」は使い分けないといけないでしょうけれど、「廃刊」と受け止めて良いのでしょうね。「雑誌コード」は2年、「商標」登録していた場合は、休刊後3年以内に発行しないのと商標権は消滅だったかなぁ。

こうしたBBSやSNSの遣り取り、あるいは各種ウェブサイトで情報が集まるので、紙に印刷して製本したものは不要になって行くのでしょうね。

ついでに言うと、直に会って会合を開かなくても、こうしたところで情報交換も議論もできるので、会合や会議もなくなるかも(笑)。

お金も時間も余りかからず、紙もインクもいらないので、「環境に優しい」とも言えるかも、です。

しかし製紙業や林業、あるいは海運業等にとっては死活問題になる、とも言えるか。シンポジウムのような会合もなくなれば、ホテルや飲食店等の経営にも、深刻な影響を与えるかもしれないなぁ(考え過ぎ?笑)。

2018/03/21(Wed) 22:02:06 [ No.29069 ]
◇ Re: しばらく休刊 投稿者:節税大王  引用する 
ラメールが廃刊になったのは自業自得(苦笑)
誰も興味を持たないような離島の風習、海辺の小さな歴史などに、重きを置きすぎましたから。

一方、定期船の方は一般に販売する雑誌ではなく、旅客船協会の機関紙(誌)。
だけど普通に販売、或いは広報誌として配布していたら、ラメールより部数は伸びたのでは(笑)

いずれにしろ、東京のツキヂ書店も神戸の海文堂(だっけ?)も閉店して、直接手にとって現物を見れそうなのは、神保町の書泉グランデ位のものだったでしょう。
試読なしでいきなりアマゾンで定期講読というのは、あまりにリスクが大きいですから!


2018/03/22(Thu) 01:30:27 [ No.29070 ]
◇ Re: しばらく休刊 投稿者:  引用する 
さびしい話です。
私の場合、パソコンにクラッシュなど度重なって、今は画像掲示板のみの運用ですが、開運関係に良い影響やPRになればと思っているのですが、そのせいで出版業界には迷惑かけている?
そこまで、影響力はない掲示板ですが、ある意味同じ志の仲間と考えると、つらいですね。

2018/03/22(Thu) 05:54:46 [ No.29075 ]
◇ Re: しばらく休刊 投稿者:...........  引用する 
あんたのサイトが雑誌出版に関わっていたとかあんたの言動が雑誌出版に関わっていたとかじゃなきゃ、迷惑かけてるとかないんじゃない? ってか、そういう意識だったの?

2018/03/23(Fri) 20:26:32 [ No.29077 ]
◇ Re: しばらく休刊 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
ところで「日刊海事通信」が、2018年3月30日付を以て止まっていますが……。
http://www.kaijitsushin.jp/

2018/04/04(Wed) 23:03:48 [ No.29099 ]

◆ その後のフェリーふくおか動静 投稿者:かしい・あつた  引用する 
尾道造船でプロペラ交換修理ですね。
---------------------------------
産経新聞より「右舷側のスクリューには、接触した灯浮標(ブイ)のチェーンや重りなどが巻き付いており、取り除いた。スクリュー4枚のうち1枚はなくなり、3枚は折れ曲がるなど破損した。」

2018/03/20(Tue) 08:37:25 [ No.29063 ]
◇ Re: その後のフェリーふくおか動静 投稿者:  引用する 
さまざまな要因が重なった事故になってしまいましたが、事は人命救助、死傷者0と言うことを、先ずは良かったと思います。
利用者の旅客、物流業者の予定を狂わすことになったのは申し訳ないことですが、ご理解をしていただきたいです。

2018/03/22(Thu) 05:58:21 [ No.29076 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -