0864983

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
みんなの「フェリー・船・船旅・思い出・港」画像掲示板


[ 指定コメント (No.29580) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ にっぽん丸 衝突事故 投稿者:にっぽん丸衝突事故  引用する 
12月30日、グアム島の米国海軍桟橋に21時 出港回頭時に衝突。水線上を突き破る
https://www.postguam.com/news/local/coast-guard-investigating-col ..... 06e5d.html

2019/01/04(Fri) 13:19:17 [ No.29578 ]
◇ Re: にっぽん丸 衝突事故 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
この事故については、色々とコメントもできますが、運航会社としては、本件については、敢えて黙っていて欲しいのでしょう(苦笑)。

1月27日から始まる「明治150年記念「世界青年の船」事業」の「船上研修」」に間に合うかが、目下の課題。これにも穴をあけることになると、問題は大きくなるでしょうね。

2019/01/08(Tue) 13:00:56 [ No.29579 ]
◇ Re: にっぽん丸 衝突事故 投稿者:にっぽん丸衝突事故  引用する 
商船三井客船のホームページに「これまでの調査において、事故当日乗員による飲酒の事実があった旨の情報を得ております。」と掲載されました。
怖い話ですね。

2019/01/08(Tue) 15:28:42 [ No.29580 ]
◇ Re: にっぽん丸 衝突事故 投稿者:にっぽん丸衝突事故  引用する 
NHKのニュースにも流れました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190108/0023598.html

2019/01/08(Tue) 15:47:08 [ No.29581 ]
◇ 船員さんのアルコール濃度 投稿者:  引用する 
一度、乗り組んじゃうと数日・数週間・数か月上陸しないとなると、船の中で嗜好品を取りたくなるのは当然のこと。
ただ、交代で同じ階位の人がいない、「正勤務者」の替えの効かないの人は大変だとお察しします。

ただ、船員さんの飲酒状態の法規定について、どの「法律」内においても規定がないのは意外でしたね。
まあ、完全に規則規定で限定してしまうと、遠洋漁船で仕事終わった後飲めなくなりますよね。

http://www.mlit.go.jp/notice/noticedata/pdf/201703/00006415.pdf
航海当直基準(平成八年運輸省告示第七百四号)(最終改正 平成二五年三月一日国土交通省告示第一五八号)

これが、船員さんのむ飲酒を禁止する根拠規定とのこと。
事故を起こすのは不味いですが、ほどほどの追及程度にしておかないと、酒もダメ・たばこもダメ→じゃあ在船期間の非番の時は何をするのか状態になってしまう気がします。
結果、規制を強め過ぎると、人材難の一助になってしまう気がします。

ちなみに、営業自動車の場合は? となると、アルコール検出された時点で、運転手から自家用車のカギを取り上げる が正解となります。

なお、道路交通法とアルコール検知の関係について、
 食品や薬含有があるのでそのぶん余裕を見ていること
 簡易検査のための誤差
があるから 0.15って逃げ道を用意しているだけのこと。
検査機検査は精密検査扱になるので、自動車運輸では検知された時点でアウトとなります。
ですので、検査機検査で「0.15迄可」は、緩いですけどね。
ちなみに、寝際の酒もいいけど「350ミリ缶一缶を完全消化するのに6〜8時間を目安にするように」と自分は教習していましたので。

なお、なぜ私物自動車のカギを取り上げるのか? の点について、
乗務できないからと会社から追い帰したとします。
車で即時帰られた場合、当該は飲酒運転・乗務を断った者は当該のアルコール酔いを知っいる=ほう助となる可能性があるからです。法規定の中にある「車両等を運転することとなるおそれがあるものに対し、車両等を提供してはならない」の規定を、飲酒を知っているのに見逃した者の検挙の根拠にするようになってきたためです。
なお、旅客のウルサイ会社さんですと、携帯電話やインターネット接続仕様の通信型アルコール検知が増えてきていますね。

2019/01/12(Sat) 12:45:55 [ No.29583 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -