0869878

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
みんなの「フェリー・船・船旅・思い出・港」画像掲示板


[ 指定コメント (No.29117) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:節税大王  引用する 
5月15日でバトンタッチの「さんふらわあさつま」が、長期離脱したパールの代船として、さつま'1'のネーミングで神戸ー別府を臨時運航するようです。

これを知って「へ??」と思った方も多いのではないでしょうか。

パールは神戸ー大分。
さつま1は神戸ー別府。
関西汽船、さらに遡れば大阪商船の伝統ある航路に就けたかった(苦笑)のはわかりますが、何も別航路にしなくても...。

西大分港の構造上の問題でしょうが、それならさつま1をゴールドと共に大阪ー別府に入れて、アイボリ、コバルトを神戸ー大分にコンバートしては如何かと。

さつまは過去にも東京ー大洗ー苫小牧にコンバートされた由緒ある?船。
「コンバートフェア」とか、イベントも打てるし(笑)

2018/04/24(Tue) 10:06:32 [ No.29116 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:海坊主  引用する 
バウバイザーが無いのが理由の一つだと思いますが、問題は設備や
部屋のグレードの違いではないでしょうか?ごーるどとさつまでは
あまりに違いすぎて同航路で姉妹として走らせるのは相性が悪いと
思います。そして南港では別府航路はボーディングブリッジを使用
しますがさつまはタラップ。全長もまるで違うので第一ターミナル
に接岸するのは難しいかもしれません。

2018/04/26(Thu) 21:13:19 [ No.29117 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:SPECTRUM  引用する 
私も節税大王様の仰る通り、あいこば姉妹を神戸-大分航路に、では何故駄目なのかな、と思います。
やはり伝統的に関西汽船の船舶を、別府航路から外す訳には、と言う事?

2018/04/30(Mon) 01:41:12 [ No.29118 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:OT  引用する 
こんにちは。
ご無沙汰してます。

貨物の需要、空船回航を考えたら、サイドランプを使えるバースでなのかと。
車のないお客さんはターミナルからバス移動なのですかね。
なんて妄想しますが。

新造船の「さんふらわあさつま」のトライアルも始まって、本日4月30日は大阪に9時頃入港、12時頃出港のようですね。

訂正です。1005着岸、1200離岸のようですね。失礼いたしました。

2018/04/30(Mon) 07:42:34 [ No.29119 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:節税大王  引用する 
皆様よりいろいろなご意見、見解、有難うございます。

これからの「気掛かり」は、さつまが本当に5/15に就航できるか。そしてきりしまの就航(予定!)はいつか、ですね。

もし二重反転プロペラ自体の構造上の欠陥なら、パールの僚船ゴールドも長期ドック入りの必要が生じるかも知れません。

あいぼり、こばると、ごーるど、ぱーる。平仮名だと見にくいので全てカタカナ表記しました。

2018/04/30(Mon) 13:05:32 [ No.29120 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:  引用する 
節税大王様の投稿 なのに、私がこう言う事を書くのはどうかと思いつつ。
節税大王様が仰られてるのは´大分航路の振替便なのに何で別府港に`ではなく、さつまを使う限り物理的に西大分ターミナルへの着岸は不可能(西大分港への入港自体が難しいと思います)なのに、何故(西大分に着岸可能であろう)あいこば姉妹と配船を入れ換えないか、と言う事ですよね。
前述もしました通り、私もそう思います。
一方、六甲にはダイヤモンドフェリー時代から船尾ランプを持たないSFくろしお/こがね/にしきが代船/定期として着岸/荷役をこなして来ました。
今回「形状的」には六甲バースに適したさつま(船尾ランプはちゃんと動くのか、は別として)が寸法的に入らないと言う皮肉。

2018/05/06(Sun) 11:40:02 [ No.29122 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:  引用する 
新さつま&きりしま姉妹、現役全さんふらわあ船隊では一番好きかなって感じです。
唯一生き残ったのオリジナル航路(本来は、大阪ー鹿児島月志布志寄港で、志布志ー鹿児島間廃止)でスタイルは変わりましたが、船型は許せるスタイルでほっとしています。
個人的な意見ですが。
最近流行りの垂直型船首は、むっちゃ苦手なので(^◇^)

2018/05/08(Tue) 09:04:46 [ No.29125 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:節税大王  引用する 
SPECTRUMさん
そうなんです。
「定期航路」を維持することが重要ではないか、と思います。
配転のデメリットと起終点変更のデメリット。
どちらが重要かは自明の理、かと。

2018/05/08(Tue) 10:02:21 [ No.29126 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:節税大王  引用する 
ふねきちさん

中川喜次郎さんが創り上げた日本高速フェリーで、唯一残った航路ですね。
船のカタチもさんふらわあ11などをオマージュした感がある、現行さつまきりしま。

新型も当初はふらのさっぽろと同型かと危惧!されましたが、長さの余裕から?まあまあのスタイリングになって、ホッ(笑)

さっぽろパールの二の舞だけは演じて欲しくないです(苦笑)

2018/05/08(Tue) 10:57:41 [ No.29127 ]
◇ Re: さんふらわあさつま'1'の不思議 投稿者:SPECTRUM  引用する 
管理人様。
すっかり「商船三井系のフェリーブランド」と化してしまったさんふらわあですが、同じ事業所で建造しながら苫小牧航路とは全く異なる風貌とししたのはその辺りもあるのかな、と私も思います。
現行船がまだ新しかった頃、さつきり姉妹を見慣れた目で初めて「みと」(ボート部は共通/ハウス部だけ異なる、言わば二卵性双生児でしたね)を見た時も´何だ、この小ぶりな客室は…`と思いました。
´危惧`?されてる垂直ステムですが、目下の所「採用条件」はMHI製の外洋用。竣工済の3隻は非・フェリーのおがさわら丸と船首にランプを持たないSNFの2隻。
バウドアを必要とする船舶には採用不可能でしょうから、建造中のきたかみにはおそらく非採用。
船首をサイドランプとした場合でも、ふらの姉妹や昨今のシルバーフェリーのように前部ランプをブリッジ後方にレイアウトしないと無理。
そうなると´宮崎カーフェリーが次期船を三菱に発注した場合、採用か?`となって来ます…(^-^;
造船所をJMUに変えた事も様々なトラブルの要因?と考える向きが多いようですが、従来通り下関で建造していれば、ふらの姉妹は垂直ステムになってた可能性が高かったでしょうね。

2018/05/08(Tue) 19:17:49 [ No.29128 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -