0835017

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
みんなの「フェリー・船・船旅・思い出・港」画像掲示板

おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (500kBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ さんふらわあ きりしま1 投稿者:  引用する    New!
ピンチを、チャンスに?

2隻とも完璧になおす時間と、顧客のダメージと双方の被害、
機会損失を最小限に、抑える為に力を貸して欲しい。


2018/11/15(Thu) 23:38:53 [ No.29521 ]

◆ [東海汽船] 新造船2隻 2020就航 投稿者:BARCA  引用する    New!
[東海汽船]

新造船2隻はそれぞれ、大型客船「さるびあ丸」と高速ジェット船「セブンアイランド虹」の代替船となります。

https://www.tokaikisen.co.jp/newship2020/?fbclid=IwAR3eTh4HR9tBnG ..... FxXA0MPr9k

2018/11/15(Thu) 22:53:25 [ No.29520 ]

◆ 2050年の船〜笑っちまう 投稿者:節税大王  引用する    New!
NYKが2050年の船をイメージ。

ソーラーに燃料電池で脱炭素、だそうです。
でも燃料電池の素になる水素を脱炭素で作るには、原発必須ではないのかなあww 
さもなければ化石燃料に頼らざるを得ないかと。

それはともかく、本船の駆動方法がイルカのヒレに発想を得た「Flapping Foil」だそうです。
現状のプロペラより6%効率が上がるとか。
しかし今の船業界を震撼させている(苦笑)JMUの二重反転プロペラは、その2倍の12%向上させたはず!

ついでにこの種の船、必ずレアな自動車運搬船をモデルにします。
まずトップデッキが平らだから太陽電池を一面に貼り付け可能。
しかもカサの割に重量が軽いから、小さな出力で運航可能。なので化石燃料に頼らない船のモデルにはうってつけ。

一度2050年の重量物運搬船をイメージして欲しいものです(笑)

https://www.youtube.com/watch?time_continue=232&v=OKakRA2D7KU

https://www.nyk.com/news/2018/1191953_1685.html

2018/11/15(Thu) 20:58:24 [ No.29518 ]
◇ Re: 2050年の船〜笑っちまう 投稿者:スタ坊  引用する    New!
世界的な有名企業が発表した次世代1000TEUフィーダーコンテナ船。
「Electric Blue」

https://www.youtube.com/watch?v=ZuX5qFdiiI0

2018/11/15(Thu) 22:48:36 [ No.29519 ]

◆ 本を買いました 投稿者:ぜんまん  引用する 
『20世紀を駆け抜けた38隻の船たちの軌跡を描くー消えた航跡』
小松健一郎 (株)南の風社http://www.minaminokaze.co.jp
2018年9月5日発行 1500円+税 Amazon取り扱い無し e-hon で購入しました。 http://e-hon.ne.jp
目次 あこがれの客船オリアナ 
一度だけの出逢いトランスバール・キャッスル 
高知にカーフェリー時代がやってきた[大阪高知特急フェリー小史]
高知(宿毛)と九州(佐伯)を結んで半世紀[宿毛観光汽船小史]
九四航路の先がけ[九四フェリー小史]
貨物船から超豪華フェリーへ[三宝海運小史]
一度は乗りたかった風光明媚な紀州航路[神紀フェリー小史]
最後は宇高フェリーとして[阪神バイパスフェリー小史]

2018/11/15(Thu) 14:39:39 [ No.29516 ]

◆ 「株式会社」が、前から後に移動 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
「(株)五島産業汽船」は、2018年11月13日、長崎地方裁判所から破産手続の開始決定を受け、倒産した模様。関連会社の「(有)ジィ・エス・ケイ」を含めた負債総額は、約25億円とのことです。

一方、元従業員らが、2018年10月10日に新会社を設立していますが、こちらは「五島産業汽船(株)」という商号です(「株式会社」が後ろに付く)。

「株式会社」が、前から後に移動したことに、今日、気が付きました(笑)。

2018/11/15(Thu) 14:03:47 [ No.29515 ]
◇ Re: 「株式会社」が、前から後に移動 投稿者:節税大王  引用する    New!
こういうこと、継続イメージを持たせる必要があるときは、よく使う手です。

例えば私のクライアント先で「A・B・C」という法人がありましたが、諸事情で絶えず資金繰りに問題が。
いよいよヤバイ、相談に来た社長と画策して、不渡りを出す前日に「ABC」を設立、以後の振り込みは新会社へ(笑)。
上手くやったことがありますよ。

2018/11/16(Fri) 10:23:55 [ No.29522 ]

◆ 「きりしま」もエンジン不具合 投稿者:大阪〜志布志航路  引用する 
姉妹船「きりしま」不具合発生問題ですねホームページ
に以下記載されています。
災難ですね

【11月14日(水)の運航状況】

本日のさんふらわあきりしまに不具合箇所が見つかり、大幅なダイヤ変更となる見込みでございます

2018/11/14(Wed) 15:35:02 [ No.29510 ]
◇ Re: 「きりしま」もエンジン不具合 投稿者:久里浜  引用する 
原因の詳細は発表ありませんが、1軸に2枚のプロペラがついて2枚が逆回転で回ることで大きな出力を得て省エネになる最新の二重反転プロペラが問題なのですかね。
わかりませんが、
それにしても情けない、残念な事です。

2018/11/14(Wed) 15:47:57 [ No.29511 ]
◇ Re: 「きりしま」もエンジン不具合 投稿者:  引用する 
さんふらわあ きりしまは、18ノット程度で航行なので
遅延ダイヤで、頑張っています。
名門大洋フェリーでも、減速対応で頑張りましたが一般的な1年ドックでは先が長いので、なんとかしたいところです。

2018/11/15(Thu) 12:38:50 [ No.29514 ]
◇ Re: 「きりしま」もエンジン不具合 投稿者:節税大王  引用する 
本当ならきりしまをドックに入れたいのでしょうが、さつまがドック入りしている以上、2隻とも欠航という訳には行かないでしょうね。

仕方なく動かしている。
これが実情かと。
はたしてこのまま動かし続けて大丈夫かな??

名門の時も2隻ドック入りはヤバいw
ということだったようです。

2018/11/15(Thu) 18:18:30 [ No.29517 ]

◆ さんふらわあ きりしま1 投稿者:  引用する 
さんふらわあ きりしま1は、完璧に除籍されているのかな?
ただの係船売却待ちなら、不安解消まで修理期間を
新さんふらわあ さつまに与えて完璧になおし、
さんふらわあ きりしま1でカバー出来れば。


2018/11/14(Wed) 12:25:50 [ No.29509 ]
◇ Re: さんふらわあ きりしま1 投稿者:節税大王  引用する 
ふねきちさん

11月4日に知人から元気な写真が届いています。

その後移動したという話も聞きませんから、まだ離日してないと思いますが・・・。

きりしまの修理にも時間がかかるなら、きりしま'1'の復帰もありそうですね。
そうなるとドック入りも必要かな。

 
「 追 記 」

とうとうさつまの今月一杯の欠航が決まりました (-"-)
いよいよきりしま'1'の出番!

2018/11/14(Wed) 20:17:33 [ No.29512 ]
◇ Re: さんふらわあ きりしま1 投稿者:  引用する 
とうとう、さんふらわあきりしまも、減速運航余儀なくされたようです。
こうなると、エンジンなおすのと期間ときりしま1の
再登板の整備との天秤になりますね。
欠航と減速の2隻のダブルパンチですから。

年末年始の特需は人だけではなく、12月一杯は物流も、
大忙しなので。
物流だけでもRORO船みたいに、無人特化で航送もあるかも。

2018/11/14(Wed) 20:47:20 [ No.29513 ]

◆ 札付きのワル 投稿者:節税大王  引用する 
船員法等関係法令に違反した船舶所有者を見ていたら、聞き覚えのある名前が。

大阪市の長門マリン株式会社のガット船「第十大栄丸」

7月の瀬戸内台風大災害のあと、瀬戸内海汽船の石手川に衝突した船です。
本稿でも取り上げました。(2018/7/26 [ No.29324 ])

その時も同社は事故の多さで「札付き」としましたが、船員法でも違反が多かったんですね。

http://www.mlit.go.jp/common/001260904.pdf

(写真は第十大栄丸・借り物です)


2018/11/14(Wed) 10:48:52 [ No.29508 ]

◆ おりんぴあどりーむ2が出来ていきます! 投稿者:節税大王  引用する 
両備フェリーの新造船「おりんぴあどりーむ2」。
現在、大三島の藤原造船所で建造中です。

5月から10月までの進捗が約4分で観れます。
台風が多かったこともわかります(汗)

https://www.facebook.com/Ryobi.Ferry/videos/2652866461604510/

2018/11/12(Mon) 17:30:20 [ No.29503 ]

◆ さつま機関不具合故障 投稿者:JMU  引用する 
本日11月10日(土)の志布志発大阪行きさんふらわあさつまは、機関故障のため欠航です。

明日以降も一週間欠航の告知されています。
どうなっているのでしょうね
安心して利用できませんね

2018/11/10(Sat) 20:32:31 [ No.29501 ]
◇ Re: さつま機関不具合故障 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
「機関故障」ですか。

おそらく、「ふらの」「さっぽろ」「きりしま」「さつま」は、同じ問題を抱えているのでは?それが何かは「謎」ですが、「機関に欠陥がある」とか、でしょうか。

2018/11/11(Sun) 00:26:40 [ No.29502 ]
◇ Re: さつま機関不具合故障 投稿者:  引用する 
さんふらわあきりしま1に、再び助けを依頼できないかなあ。

2018/11/12(Mon) 21:49:29 [ No.29505 ]
◇ Re: さつま機関不具合故障 投稿者:節税大王  引用する 
ふねきちさん

まだ売れてないようだし、この航路の代打にはうってつけ!
私も同じこと、考えましたよwww

商船三井系フェリーのヘルプに、当分係留しておいてもいいような(苦笑)

2018/11/12(Mon) 23:37:55 [ No.29506 ]

◆ 中国クルーズ産業の行方 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
世界最大のクルーズ客船会社であるアメリカのCarnival Corp.が、イタリアの造船業者であるFincantieriと共に、中国の造船会社であるChina State Shipbuilding Corporation (CSSC)と提携して、中国で、中国市場向けの、大型クルーズ船を建造して、合弁企業のCSSC Carnival Cruise Shipping Limited.を立ち上げ、中国市場向けのクルーズ事業を本格的に展開することとなりました。この動きをどうみるか、中々難しいです。

中国政府は、「一帯一路」「中国製造2025」という政策を掲げていることからも明らかなように、中国でクルーズ船を建造し、そうしたクルーズ船に乗船して、中国人民が世界に繰り出していくことを望んでいます。2030年までには、100隻近いクルーズ船を建造するとか、年間15隻は建造するといった、景気の良い構想も聞かれます。

しかしアメリカは世界のNo.1でなければ承知しない国であって(苦笑)、中国の台頭を阻止しようと躍起になっています。「Death By China(=中国による死、翻訳はないみたい)という本の著者、Peter Navarro氏の下で、現在のアメリカ政府は「貿易戦争」を仕掛けています。
http://deathbychina.com/

この独特の考え方が、正しいのかどうかはしばらく措くとして、とにかくアメリカは、経済的にも、そして軍事的にも(例えば南シナ海で)、中国に圧力をかけていますね。

また現在、これまでブームだった中国のクルーズ産業が転機を迎えていることは確かで、中国でクルーズ客が減少し始めている。その理由も色々と言われていて謎がありますが(笑)、THAADを巡って韓国と対立し韓国へのクルーズを催行できなくなったとか、日本へのクルーズは九州に寄港するものが多くて単なる買い物ツアーになってしまって飽きられ始めたとか、米中貿易戦争の影響を受けて収入が減ったとか、でしょうかね。

また中国人客の行儀が余りに悪いことから、アメリカのクルーズ客船会社が撤退することにした、という報道もありますね(クルーズ客船会社は、公式には撤退の理由を述べていない)。

中国でのクルーズは、中国の旅行会社が、クルーズ客船会社からクルーズ船をチャーターして、集客して催行するというやり方をしていることから、旅行会社がクルーズ客の頭数をそろえるために、かなりの値引きをして売っているために、本来、クルーズ船の客になってはいけない人までが乗船するようになっているという問題もあるようです(だから客の行儀が悪くなる、と言われる。苦笑)。

いずれにしても、中国市場が儲からなくなってきていることは、確かなようです。

こうした中で、Carnivalの合弁事業は上手く行くのでしょうか。Carnivalの経営陣が、この辺りの事情をどう考えているのかは謎です。

欧米メディアのそうした観点からの報道はないし、日本のメディアも、クルーズの宣伝めいた報道はあっても、こうした分析はしていないですね。またクルーズ愛好家の皆さんは、ネガティブな分析を好まないところもあるようだし(笑)。

というわけで、敢えて私が問題提起してみたのですけど、どんなモンですかね?(笑)

2018/11/10(Sat) 17:29:59 [ No.29500 ]
◇ Re: 中国クルーズ産業の行方 投稿者:節税大王  引用する 
中国からのクルーズ、いわゆる「爆買い」で急激に増大しました。
しかし当局の爆買い禁止令により、急速に縮小。
各クルーズ船社もそれに見合った減船を行った、というのが現状でしょうか。

中国からの観光客のニーズも、那覇、博多での爆買いクルーズから、費用は掛かっても飛行機での一般的な物見遊山にシフトしている感じですね。
同じ5日間のツアーでも、船内往復4日+爆買い1日より、5日間フルに使って東京、大阪、箱根、あるいは北海道周遊の方が、はるかに魅力的でしょう。
中国人の性格に照らしても、こちらの方がずっと合っているかと(笑)

確かにクルーズはこれからもすそ野を拡げる形で、多少は拡大する事になると思います。
しかし中国人観光客全体に占めるウエイトは、当然大きく低下するのでしょう。

さて問題は大量に建造されるであろう、非豪華クルーズ船!の行方です。
いくらフィンカンティエリの監督下で建造されても、米系船社がこの船を使うか?といえば、99%「ノー」。
第一、「仮想貿易敵国」の中国製のクルーズ船を、トランプさんが容認する訳がありません。

さてさて、どのように処分されるのか、或いは建造されずに終わるのか、見ものであります(笑)

2018/11/12(Mon) 17:58:44 [ No.29504 ]
◇ Re: 中国クルーズ産業の行方 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
>第一、「仮想貿易敵国」の中国製のクルーズ船を、トランプさんが容認する訳がありません。

そうなんですよね。Carnival社の動きは、アメリカの現政権の立場と相容れないように見えます。

しかし、アメリカの造船技術を中国に売り渡すわけではなく、イタリアの造船技術を中国に提供するものとなるので、「America First(=アメリカ第一主義)」の政策には反しないかも。

むしろ「イタリアの方こそ、こんなことして良いの?」とイタリア側に聞きたい位ですが、うがった見方をすると、現在のクルーズ船建造ブームは早晩終わるので、中国側に技術供与しても、損害を被ることはない、と考えているのかもしれない(苦笑)。軍艦を建造する技術ではないので、この程度の技術は提供しても構わないと考えているのかも。

今後、中国では、とりあえず2隻建造して、その後、4隻建造するようですが、その頃にはクルーズ・ブームは沈静化して、それどころか、欧米ではクルーズ船供給過剰問題が起きているのかもしれない。まるで現在のコンテナ船のような有様になるのかも(苦笑)。

ハッキリ言って、よく分かりませんねぇ(笑)。

2018/11/13(Tue) 00:42:22 [ No.29507 ]

◆ 「きたかみ」のパンフレット。 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
2019年1月25日に就航する太平洋フェリーの「きたかみ」のパンフレットの表紙です。

2018/11/07(Wed) 19:34:01 [ No.29493 ]
◇ Re: 「きたかみ」のパンフレット。 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
船内案内図が掲載されていますが、なんか物足りない。そうですよ。この会社自慢の劇場が、この新しい「きたかみ」にはありません。

小さな「イベントスペース」なるものがありますが、もうクルーズ船のようなサービスを提供することは「ない」ようです(泣)。

レストランと大浴場、売店はありますが、それだけだと、普通のカー・フェリーですね。

なお、2019年1月25日に苫小牧―仙台―名古屋航路に就航しますが、2月11日以降は、苫小牧―仙台間を往復することになるようです(名古屋には寄港しないことになる)。


2018/11/07(Wed) 19:34:32 [ No.29494 ]
◇ Re: 「きたかみ」のパンフレット。 投稿者:節税大王  引用する 
ラウンジが無くなってしまいます(泣)
だからラウンジショーもなくなっちゃう(泣)

実はラウンジショーの出演者、名古屋組と仙台組の2種類いらっしゃるんです。
名古屋組はきそといしかり、仙台組はきたかみで演奏されますが、新造船になると仙台組は失業。

それで仙台組が最後になるので、お正月以降、優先的に乗るそうです。

2018/11/08(Thu) 14:10:59 [ No.29495 ]
◇ Re: 「きたかみ」のパンフレット。 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
恐らくは、「いしかり」就航時に発生した2011年3月11日の東日本大震災後の混乱や、格安航空機の登場などによって、貨物や旅客が落ち込んでいて、経営が苦しいのでしょう。

そこで、やむを得ず、このような「no frills(=飾り気のない)」「spartan(=質素な)」船にしたのでございます。ご理解とご協力のほどを宜しくお願い致します、ということなのでしょう(誰もまだ、そんなことは言っていないけど。苦笑)。

ま、それは判るけど、憂鬱な話です。

2018/11/08(Thu) 16:17:54 [ No.29496 ]
◇ Re: 「きたかみ」のパンフレット。 投稿者:South_North  引用する 
表紙のシルエットは、いしかりorきそ ですよねえ。

これを新造船「きたかみ」と称してパンフレットを作るとは。

WEBの画像は簡単に差し替えられますが、紙のパンフレットの差し替えは不可ですね。


2018/11/08(Thu) 19:08:56 [ No.29497 ]
◇ Re: 「きたかみ」のパンフレット。 投稿者:節税大王  引用する 
再来年以降のドックダイヤ、どうするのでしょうか?

いしかりorきそ+きたかみの2隻のときです。
従来通り「名古屋ー苫小牧ー仙台ー苫小牧ー名古屋」に2隻。
それともいしかり・きそは名古屋ー苫小牧、きたかみは仙台ー苫小牧、の分離運航のまま。

今度のきたかみでは、船内の格差がありすぎますから。

2018/11/09(Fri) 10:19:16 [ No.29498 ]
◇ Re: 「きたかみ」のパンフレット。 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
表紙のシルエットは気が付きませんでした。確かに、言われてみればそうですね。過失なのか、故意なのか(笑)。

「きたかみ」は現物を見てからでないと、何とも言えないですが、エントランス・ホールにある小さなステージを使って、ビンゴ・ゲームのようなことをするのかも。

しかし「宇宙旅行」がコンセプトですからねぇ。食事は宇宙食で、カプセルに入って、寝て、旅行するイメージかな(苦笑)。

2018/11/10(Sat) 13:00:41 [ No.29499 ]

◆ JFのドック見学 投稿者:節税大王  引用する 
このところ話題に事欠かない佐渡汽船(苦笑)ですが、今回はドック入りのJF見学会です。

新潟港開港150周年記念事業とのこと。

参加費1,000円(おみやげ付)はいいですね。タダだと申し込みだけして no show なんていう輩がいますから!

https://www.sadokisen.com/osusume/?cd=176


2018/11/07(Wed) 16:05:30 [ No.29492 ]

◆ Excellentなことです(笑) 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
スペインのバルセロナで、強風に煽られたフェリーが進路を外れて、クレーンに激突する事故がありました。動画はこちらです。
https://www.bbc.com/news/av/world-europe-46049744/barcelona-port- ..... into-crane

笑ってしまうのが、このイタリアのフェリーの名前が「Excellent(=大変結構です)」であることです。幸い、怪我人はいなかった模様です。

因みに、地中海の天候は大荒れだったようで、この他にも、イタリアのラ・スペツィア港で、クルーズ船のCelebrity ConstellationとCosta Magicaが接触する事故が、月曜日(10月29日)にありました。そのビデオもありますね。
https://www.newsweek.com/video-cruise-ship-collides-another-vesse ..... gs-1192697

2018/11/01(Thu) 18:15:43 [ No.29483 ]
◇ Re: Excellentなことです(笑) 投稿者:スタ坊  引用する 

2018/11/01(Thu) 23:58:12 [ No.29484 ]
◇ Re: Excellentなことです(笑) 投稿者:節税大王  引用する 
日本でもクレーンに刺さった事故がありました。

おれんじ四国が八幡浜港でおりからの強風に煽られ、スラスターの限界を超えて操船不能に。
そして栗之浦ドックのクレーンに刺さったもの。

この事故、今年だったか去年だったか、と思いましたが、2016年の1月でした。月日の経つのは早いものです(笑)

https://mainichi.jp/articles/20160120/k00/00m/040/123000c

https://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/ship/detail.php?id=9390

2018/11/02(Fri) 12:37:29 [ No.29485 ]
◇ Re: Excellentなことです(笑) 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
「Smyril」の動画ですが、これは「あってはならない荒天航行」でしょうね。こういう状況になることが予想される場合は、そもそも欠航すべきだろうし、減速もせずに突っ込んでいるようだし(豪快ですけど。苦笑)。

「強風に煽られて」みたいな事故が、時折、起きていますが、これは「気候変動(地球の温暖化)」と関係がありそうな気がしています。

関西国際空港の連絡橋に突っ込んだ油槽船の事故も、同様かと思いますが(因みに、あの油槽船(タンカー)は廃船にするそうですね)。

これまでの経験では予測できない風が吹いたり、雨が降ったりすることになってきたような……。

2018/11/02(Fri) 17:00:44 [ No.29487 ]
◇ Re: Excellentなことです(笑) 投稿者:スタ坊  引用する 
この場合、車への補償はどうなるのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=RPjWMDAYWZs

ニュージーランドのウェリントン、ピクトン間フェリー。
https://www.greatjourneysofnz.co.nz/interislander/

2018/11/02(Fri) 23:19:48 [ No.29489 ]
◇ Re: Excellentなことです(笑) 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
確かウェリントンは「The Windy City」という、愛称というか異名がありますよね。「風の街」と呼ばれるくらい風が強い。だからクック海峡は難所なのでしょう。

海は、時化るとこうなるので、「フィン・スタビライザーがあるので揺れません」だの、「大きな船なので揺れません」とか言ってみても、嘘であることは明白ですね(揺れるときは、どうしようもなく揺れる。苦笑)。

2018/11/03(Sat) 01:25:23 [ No.29490 ]

◆ 宿毛フェリー全船員解雇、役員と連絡取れず 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
宿毛フェリーも、まるで「夜逃げ」でしょうか(苦笑)。
https://www.kochinews.co.jp/article/228025?fbclid=IwAR3bjDmDTT5yE ..... nncwxk5uv4

因みに英語で「夜逃げする」は、「do a moonlight flit」です。「月光仮面」ならぬ「月光逃亡」(英国でも、夜に逃げるんだね。笑)。

2018/11/01(Thu) 12:19:46 [ No.29482 ]
◇ Re: 宿毛フェリー全船員解雇、役員と連絡取れず 投稿者:節税大王  引用する 
サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」で有名な映画「 卒業 (The Graduate)」。

二人は手に手を取って教会を飛び出し、バスに乗るシーンで終わりますが、こちらは「runaway」ですね。

宿毛フェリーの社長、はたして「moonlight flit」だったのでしょうか?
それとも「runaway」 でしょうか?

まあ、どっちでもいいですけど(笑)

2018/11/02(Fri) 12:56:54 [ No.29486 ]
◇ Re: 宿毛フェリー全船員解雇、役員と連絡取れず 投稿者:T.I. ホームページ  引用する 
映画「ゲッタウェイ(The Getaway)」もありましたね(笑)。

2018/11/02(Fri) 17:04:28 [ No.29488 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -